AR(Augmented Reality)とは
ARとは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。日本語は拡張現実といいます。現実環境に情報を足し加えてより楽しく分かりやすく現状を表現することがARの目的です。例えば、現在の印刷物の教科書は文字と写真でしか表現出来ませんが、ARを活用すれば、教科書のページに3D画像、音声、ムービーなどを埋め込むことが出来ます。教科書から鳥声が聞こえ、動いている鳥の動画が見れれば、より面白くより深く理解できるでしょう。ARは、現実環境の画像、位置、音声などに基づいて拡張を実現しますが、当社は主に画像認識によりARを実現します。

下図は画像認識によって実現したARの例です。左図は、我々が見慣れた通常の紙ベースの虎の説明本の一ページです。写真と文字で虎について説明しています。ARを利用しますと、右図のように、スマートフォンアプリを通じて虎の3D画像を表示することができます。3Dだけでなく虎の声、動いている動画なども表示出来ますので、より面白く分かりやすい本になるでしょう。





バーコードリーダー機能を活用して様々なサービスを提供します。
ー i0Sライブラリー:バーコードリーダーアプリの開発をサポートするスターティックライブラリー。
ー ポイントサービス:バーコードリーダーを用いたポイント・スタンプ管理アプリ。
ー 勤怠管理システム:バーコードリーダーを用いた出・退社時間、パート給与を管理するアプリ。




3D、3Dアニメーションの制作を受けています。


サイトリンクのバーコード